お葬式に際して喪主・家族・参列者が知っておくべきポイント

お葬式の流れや細かい部分に関しては、地域や宗派によって違いがみられるケースが少なくありません。例えば一般的な感覚では、逝去の翌日が通夜で、その翌日が葬儀告別式のイメージですが、一部地域では逝去から中数日経過しての通夜が慣例という事例がみられます。念のためにお葬式の日程や一連の流れに関しては、葬儀業者の担当者と家族と親族の間で、しっかりとした事前確認を徹底されることをお薦めします。

まずは遺族が参列者に対しての配慮として、見落としがちなポイントから検証していくと、家族葬の場合に参列をお願いする親族の範囲の見極めが挙げられます。近親者だけで行う家族葬では、どこまでの関係性を近親者と判断するのかが重要となります。直系の家族、故人の子どもの家族、故人の配偶者の家族、故人の兄弟までが、その範ちゅうと捉えるのが一般的です。この参列をお願いする相手先との関係性を明確にすることが、後々の心情的なトラブルのリスクの抑制につながります。また、何らかの事情で参列を遠慮願いたい人物に対しては、その旨をあらかじめ明確に伝えておく、もしくは家族葬で行った旨を事後報告するか、どちらかの対応で対処します。

ちなみにこの家族葬に際しては、親族から反対意見があがるケースも見られるのが現状です。故人との最後の別れに際し、ひとりでも多くの関係者とのお別れの機会を設けてあえるべきとの気持ちからの反対で、確かに心情的に一理ある意見です。かつてのお葬式はご近所や遠方の知人などを含め、それなりの規模で執り行われるのが一般的でした。ですが、時代とライフスタイルの変化、また参列者に大きな負担をお願いすることへの配慮から、家族葬を選択される遺族が増えているのも事実です。

こうしたトラブルがお葬式直前からその最中も、遺族親族間に残った状態のままでは、故人にとっても悲しい最期の別れとなってしまいます。十分に話し合い、遺族としての考え方と諸事情を理解してもらえるよう、根気よくお葬式について話し合う姿勢が求められます。