お葬式前半のお亡くなりから通夜までの流れについて

家族がお亡くなりになれば、まずは葬儀業者に連絡の上、故人が逝去した場所を報告してください。同時に、主治医に死亡診断書の作成を依頼します。その後死亡届と埋火葬許可申請書が必要となります。これらの対応はいずれも死亡を確認した時点から7日間以内と期限が定められており、埋火葬許可申請書が無ければ、埋火葬はできません。一般的には逝去の翌日夜に通夜から、その次の日が葬儀告別式の流れとなり、迅速な手配が求められます。

また、日本の法律では死亡を確認した時間から24時間以内の火葬はできません。お葬式までの間自宅での遺体の安置が難しい場合は、葬儀業者の安置専用施設を利用します。この際には寝台車を用いた搬送となり、この行為自体は違法ではありませんが、必ず死亡診断書を携帯してください。この流れと同時進行で、葬儀業者の担当者とお葬式の流れについて時間や会場などを相談から決定します。この際に死亡届と埋火葬の許可申請も、担当者に依頼します。そして、仕事関係、親族、友人知人など、逝去を知らせるべき相手先へ連絡します。この段階で受付など、お葬式に際して遺族側の立ち位置で手伝ってもらえそうな相手にはその旨を伝えて、当日弔問者や参列者をお迎えする準備を整えていきます。

ご遺体の納棺に際しては、ご遺体を清めて死装束を見にまとわせます。故人が好きだったもの、愛用していたものなども一緒に納めてあげる準備も、整えておいてください。納棺が終わると、そこから通夜への流れに続いていきます。

とりわけ初めて家族の逝去を経験されたご家族、あるいは喪主を務められる方々にとっては、いずれもが初体験の連続であり、お葬式までに、またはお葬式当日に自身が何をなすべきなのか、にわかには判断できなくて当然です。そのため、常に葬儀業者の担当者が寄り添い、リードする形で指示を出してくれますので、疑問点が生じればその都度確認から、流れに沿っての対応に努めてください。また、希望する対応やお葬式に際しての意向があれば、伝えるタイミングが後手に回らぬよう、気づいた時点で明確に担当者に伝える姿勢が大切です。